スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
取材してきました!~吉村さんの場合…~
○お名前をお願いします。
吉村昭彦(あきひこ)です。

吉村さん

○ご本業は?
堺市を中心に、45箇所の学習塾経営をしております。
学習塾にいたるまでにいろいろとやってきているので、
それを合わせると10年くらいになります。
学習塾は始めて8年ですね。メインは小中学生です。

○ちなみにお歳は?
33歳です。(若い!)

○お生まれは?
出身は初芝です。
泉北って、緑が多いから、子供を育てる環境としてはいいですよね!

○そう言っていただけると「泉北っこ」としては嬉しいですね!

泉北にはそういう良いイメージありますよ。

○学習塾を始めたきっかけは?
もともとは学生時代に大学に配布する求人広告をつくってまして、
そこから派生してアルバイトの紹介をしたり、家庭教師の紹介を
したり。そこから学習塾につながってます。

10年前、学生で起業した時はインターネットでやりたかったんですが、
時代が早すぎたのか、受け入れられず、泣く泣く紙媒体にした
思い出があります(笑)

○求人広告と学習塾って関連がなさそうですよね。
でも、学習塾にとって質の高い先生の確保することはとっても大切なことので、
求人広告の経験がそこで生きてますね。
学習塾の経験は全然なかったので試行錯誤の連続でしたが、
今思えば
未経験だったからこそ、他との差別化ができているんだろうな
と思います。

○カルチャー事業部というのは?
現在はまだ語学教室なんですが、
将来的には平日の昼間の空き教室を利用して、
奥様やシニア向けに文化教室として利用してもらえたら

と思っています。
これらを自分たちでやると限界があるので、
やりたい人に提供する形にしたいですね。

○みどりのつどいに参加したきっかけは?
学習塾の経営ってビジネスなんですがボランティア的要素もけっこうあって、
そこの線引きって難しい。
例えば、頂いている月謝以外にも補習をしたり、学習以外の相談に乗って
あげたりとか、日曜日に子供たちに楽しんでもらえるイベントを企画したり。
授業とイベントのどっちが大事かと考えたんです。
もちろんメインは勉強を教えることなんですが、
嫌々来ているこどもや、勉強が嫌いな子もいてる。
学習とは関係なくても、
イベントをきっかけに勉強に興味を持つ子もいるんですよ。
イベントといっても色々あります。
キャリア教育とか野外体験とか通じてやる気が出て、
その状態で勉強を教えたほうが断然成績があがるんですよ。
その子にとっては授業よりもイベントの方が大事になってくるんです。

まぁ、お母さんたちはイベントの大事さをなかなか分かってくれないんですけどね。

○そうですね。職業体験やいろんなイベントが
勉強するきっかけになること、確かに多いです。


「やる気を出させる」ということは僕らにはできない。
やる気を出すのは本人しかいない。
でも、そのきっかけを作ることが僕らの仕事

だと思っています。

なので、イベントに力を入れていきたいなと思い、
自分たちの力だけではなく、すでに活動している
NPOや市民団体さんとタイアップしてやっていきたい

と考えたんです。
たくさんの団体さんとお知り合いになりたいなと思って、
紹介してもらったのが西上さんだったんです。
それがみどりのつどいとの出会いですね。

お知り合いになるためにも、
まずは自分が入り込んでいかないと分かりません
から。
それから自分たちのことを考えたいと思っています。

○みどりのつどいでの役割は?
今年が初めての参加です。
「こども」や「教育」の分野でのブースを出す予定です。
みどりのつどいを通じて
「おもしろかった」で終わらずに、何かを持って帰ってもらえる
きっかけをつくりたい
ですね。

今、みどりのつどいにむけて社内でプロジェクトチームを作ってるんです。
もともと「小学生プロジェクトチーム」というのが
月に一度イベントを企画しています。
5月はそのチームをみどりのつどいに参加させるつもりです。

○すごいですね。機会があれば、そのチームの会議を見学させてほしいくらいです(笑)

○吉村さん個人が今年のみどりのつどいでしたいことはありますか?

みどりのつどいの理念と目的に対して協力するのは大前提として、
私個人としては
やはり色々な団体さんや個人の方とお知り合いになりたいですね。

みどりのつどいだけでなく、
今後もお付き合いできるような関係にしたい
です。
例えば、外国遊びの人たちと協力すれば、英語の勉強に興味を持つきっかけになるなぁとか。
とても楽しみです。

私たちも実は、
勉強を教えてるよりイベントをしてる方が楽しい
んですよ(笑)
だって子供たちの興味の持ち方が全然違いますから!
ただ悲しいかな、
イベントはあくまでボランティアなので、
そのあたりをビジネスとうまくつなぎ合わせる仕組みづくり

をしていきたいですね。

○強みは?
普段から子どもと接した仕事をしているので、
どうすれば子供たちが興味を持ってくれるかってことには自信あります
ね。大人が「これは子どもにウケる!」って思うことが、
実は子どもにとって大したことがないってことはよくあることですから。

どうやったら勉強に興味持たせることができるのかを普段から試行錯誤
しながら考えています。

○強みという意味では、ボランティアとビジネスを
うまく組み合わせようという発想を持っていることが
強みかもしれませんね。
市民活動・地域活動をしていく中で
「お金」の回し方ってとっても重要なことですし。


そうですね。
企業活動とボランティア活動がうまく結びつく仕組み
ができれば、企業協賛とかももっとたくさんとれるでしょうし。
お金や人を企業から提供してもらうには「おねがい」だけではなく、
企業に「提供させてほしい!」と言わせる必要があります
よね。
そのメリットを作り出せれば、
企業との継続した協働関係ができると思います。

○弱みは?
イベント企画については素人なので、そのあたりを
各分野で活動されている団体さんと
協働して作り上げていきたい

ですね。

○ひとことメッセージ
「みなさん熱い方たちばかり!できることは
全力で協力していきたいとおもっています。
今後もずっとお付き合いできるようにかんばります」
「また、南区だけでなく
他の区にもこの『流れ』を作っていってほしいなと。
そのためにも『みどりのつどい』にはもっともっと
目立ってほしいな

と思います。」


○記者感想
とってもさわやかな「青年実業家」って印象でした。
若くして事業を軌道に乗せ、かつボランティア精神も持ち合わせたバランス感覚の優れた人だなと。
企業側の立場で地域活動に参加されている貴重な存在だと感じました。

スポンサーサイト
[2009/03/13 11:11] | みどりのつどいの想い | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。